サラリーマン お小遣い稼ぎ実践

中年サラリーマンが、世の中に氾濫するお小遣い稼ぎを実行し、それに関する情報をご紹介するブログです。

ちばぎんスーパーカード(JCB) 発行でまず15,000円。からのQUICPay20%還元10,000円。関東圏の方におすすめ

関東圏に住み千葉銀行に口座がある人はお得過ぎる。JCBカードが無い方は、ちばぎんスーパーカード(JCB)ECナビからの申込みでまず15,000円をもらい、QUICPay20%還元で10,000円をもらいましょう。

f:id:isative:20190609223733j:plain

千葉銀行のちばぎんスーパーカード(JCB)の発行からのQUICPay20%還元がお得過ぎるので、ご紹介させて頂きます。

 

クレジットカードの作り過ぎは注意だが…

クレジットカードを作成するとCICやJICCといった個人信用情報登録機関に登録されるため、作り過ぎは要注意であると過去記事に記しました。

住宅を購入する際、多くの方が住宅ローンを利用しますが、

クレジット枠を有するカードを所有する=いつでも借りることができる=現在すでに借りている

という前提で計算されるためです。これから住宅購入を控えるお若い方は要注意。

 その一方で

「キャッシュレス化」が進み、よりお得な支払い方法が多様化している現在。

お得な支払い方法を突き詰めていくと、年間数十万円程度の固定費が削減できるという事実もあります。

というわけで、私はクレジットカードの作り過ぎは要注意だけれども、自分がきっちり把握できる範囲で、かつそれによって大きな「お得」が得られるのであれば、作るべきクレジットカードは作る、というスタンスでいます。

支払方法の最適化による節約と、クレジットカード発行のリスクを天秤にかけた際、ちばぎんスーパーカード&QUICPay20%還元のコンボによるメリットが大きいと判断し、具体的にご紹介していきます。

JCBカードを登録したQUICPay20%還元

私は「今月のキャッシュレス決済は何がお得か」、月単位で自分に合った方法を調べ、集中してその方法を採るようにしています。

私の場合、9月はd払い24%還元(9月14日~10月14日)なのですが、20%還元されるのは15,000円の買い物まで。私の使用方法では枠が足りません。

そうなると次点で候補として挙がるのが

JCBカード登録のQUICPay20%還元

なのですが、残念ながら我が家にはJCBカードが1枚もありませんでした。

QUICPay20%還元を受けたくてもJCBカードが無く、これから申込みをされる方も一定数いらっしゃると思います。

では、どうせJCBカードを作るなら、どんな方法であればもっともお得か?

 

JCBカードをお得に開設する方法を探る

私はクレジットカード作成の時に限らず、何か購入したり宿泊したりする際、必ずポイントサイトを経由します。

モッピー、げん玉、ポイントタウン、ちょびリッチ、ハピタスといった、主要ポイントサイトは一通り登録しています。

 

ポイントサイトにあまりなじみのない方に少し解説すると、

例えば出張宿泊の際、ハピタス経由でじゃらんにいくだけで、4%キャッシュバックされます。

f:id:isative:20190916044229p:plain

引用元:https://poikaku.com/

楽天で買い物しようと思えば、ハピタス経由で楽天にいくだけで、1%キャッシュバックされます。

f:id:isative:20190916044838p:plain

引用元:https://poikaku.com/

じゃらんで10,000円の宿泊をする場合、ハピタスを経由するだけで、400円もらえる訳ですね。私は少なくとも月5日は出張宿泊します。月最低2,000円。

ブログを始めて3か月半経ちましたが、全てのアフィリエイトを合計しても、2,000円になりません。「新たに稼ぐ」よりも「必要経費からキャッシュバックを受ける」方がはるかに容易で効率的なので、積極的に活用しています。

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

前置きが長くなり申し訳ありません。

というわけで、より条件良くJCBカードを作成するために、このブログでたびたび触れている、いつもの「ポイントサイト横断検索」をしたわけです。

強烈な光を放つちばぎんスーパーカー

f:id:isative:20190916051648p:plain

引用元:https://poikaku.com/

ぐおっ…!

15,000円…?

過去最大レベル還元中?

いやいや、いくらJCBカードが攻勢をかけている最中といっても、初年度年会費無料の一般カード発行に15,000円はないやろ?JCBリクルートカードは900円やぞ?

そうか、どうせ獲得条件が厳しすぎるに違いない。ECナビのサイトに飛んでみよう。

f:id:isative:20190916052150p:plain

ECナビのレートは10ポイント=1円。

通常15,000⇒150,000pts。10倍。

そりゃ、過去最大レベルだわ。

ポイントGETはこちら!のボタンで、ちばぎんスーパーカードの申込ページに飛びます。

 

15,000円に間違いはない。条件は…?

f:id:isative:20190916053034p:plain

QUICPay20%還元に対応しているカードというのは間違いない(確認済)。

現実的な壁としては、千葉銀行の銀行口座が必要とのこと。

もう少し掘り下げてみます。

ちばぎんスーパーカードの条件

引用元:www.chibabank.co.jp

千葉銀行のリンクが上記の形でしか許可されておりませんので、映像の掲載は差し控えさせて頂きます。詳細は是非ご自身でご確認頂きたいのですが、ざっくりまとめると

●クレジットカードの申し込みは、千葉銀行に口座を持っている満20歳以上。

千葉銀行口座開設は、インターネット支店なら来店不要で簡単にできる。

●インターネット支店対象は、千葉、東京、埼玉、茨城、神奈川在住者のみ。

●年会費初年度無料。2年目以降本会員1,350円、家族会員432円(税込)

●入会後4カ月間の使用に応じ、最大6,000円の現金プレゼント

 ・3万円以上7万円未満なら1,000円。

千葉銀行の口座をすでにお持ちの方は、ちばぎんスーパーカードに申込むだけ。

これを機に千葉銀行口座開設をしようという方は、インターネット申込みができることがわかりました(ただし関東圏在住者に限ります)

ECナビ(ポイントサイト)

15,000円をゲットするには、必ずECナビからの申込みが必要です。

ECナビはコテコテのポイントサイトです。

こちら公式ページ。

引用元:ecnavi.jp

ECナビには友達紹介制度があります。紹介者(私)と登録者に1,500ポイント(150円)付与、条件達成すれば10,000ポイント付与されます。よろしければご利用頂けたら嬉しいです。

毎日貯まるポイントサイト ECナビ

まとめ

私は四国に住んでいるので、ちばぎんスーパーカードに申込めません…。

QUICPay20%還元を受けることのできるリクルートカード(JCB)を申込みました。

ですが、一般カード発行で15,000円還元、というのが強烈な光を放っておりましたので、記事にさせて頂きました。

カード作成で15,000円付与(使わなくても無条件)

JCB登録QUICPay50,000円使用で20%の10,000円還元

これだけで計25,000円(3万円以上使用で+1000円)

QUICPay20%還元の期間が12月15日までなので、きっと上限の5万円は簡単に超過してしまいます。

コンビニでもイオンでもガストでもいきなりステーキでも、どこでも使えるQUICPay。それこそガソリン注ぐためのENEOSや昭和シェルでも20%還元されますし、近鉄百貨店やLoftでのお買い物でも20%還元されます。

ちばぎんスーパーカードは家族会員カードも作れますので、計2枚くらい作っておいて良いかもしれません。そうすれば100,000万円使用の20,000円還元まで利用できます。

そして、ちばぎんスーパーカードは初年度無料です。1年後(QUICPay20%還元終了後)、更新するかどうかはその時のカードが持つ魅力次第。

関東圏にお住まいで、JCBカードを1枚だけ持っている方の2枚目としても、お得に作れるカードとしておすすめです。関東圏にお住まいでない方はゴメンナサイ。QUICPay20%還元の部分だけでもご参考にして頂ければ幸いです。

ECナビからの申込で15,000円の還元が受けれる期間は9月末までです。ご注意下さい。

 

にほんブログ村 小遣いブログへ
にほんブログ村

サラリーマン・お小遣い稼ぎランキング