サラリーマン お小遣い稼ぎ実践

中年サラリーマンが世の中に氾濫するお小遣い稼ぎを実行し情報をご紹介するブログです。

Cheeese(チーズ)好きな記事を読むだけでビットコインがもらえるアプリ 独自の方向に進化している件

機能大幅拡充。他の『価格予想で仮想通貨もらえる系ポイントサイト』との差別化に成功し面白いアプリに進化している件をご紹介

f:id:isative:20191021212725p:plain

仮想通貨をもらえるポイントサイト『Cheeese』が機能を大幅拡充している件をご紹介します。なお、BTCの価値は日々変動しますが、計算が煩雑になるためこの記事では1BTC=1,000,000円とします。

私と仮想通貨

皆様は仮想通貨とどのようにかかわっていらっしゃいますでしょうか?

2018年になって仮想通貨の存在を知った私。

まず、現物取引でコテンパンにやられます。2018年前半の1BTC=100万円。そこからの右肩下がり。ガチホして今年の7月くらいに売ればいいやん、と言うのは簡単ですが、あの市況で1年以上保有する胆力。初心者の私にはありません。

ならばショートで入れば良いと、ビットフライヤーの15倍やZaifの25倍レバレッジ取引に挑戦しましたが、ハイレバで爆勝ちとロスカットを繰り返します。初心者特有のポジション病にも陥り、板に張り付く時間が増える。今振り返れば、2018年初頭からずーっと2019年3月までショートしておけば良かったのでしょうが、そんなの無理無理。

限界を感じ、現物取引、レバレッジ取引ともに、仮想通貨からは距離を置くことにしたのが2018年5月頃です。

その後、価格予想や広告クリックで「超少量の仮想通貨をただもらえるだけ」のアプリ・サイトの存在を知り、ヒマな時間にゆる~くポチポチ楽しむだけ、というスタンスで今日まできています。

私がポチポチ楽しんでいるアプリは「ぴたコイン」「ぴたイーサ」「BitStock」「Tadacoin」「リップルゲット」そして今回記事にしている「Cheeese」です。

Cheeese(チーズ)とは

マネックスグループで立ち上げている、無料でビットコインがもらえるニュースアプリです。

詳しくはこちら↓の過去記事をご参照頂きたいのですが基本的には日々運営から配信される3~5個の記事をクリックすると、少量のBTCがもらえる仕組みです。

6月当時はダウンロード数が100以上だったCheeeseも

f:id:isative:20191021171157p:plain

 

現在は1000以上となっています。

f:id:isative:20191021171238p:plain

まだまだマイナーながらも少しずつ認知、利用されるようになってきているのが伺えます。

 

長い期間、自動配信される記事を読むだけだった

記事を読むと以下4ついずれかの結果が得られます。基本はチーズの粉をもらえ、稀にチーズのカケラをもらえます。チーズのカタマリが当たるのは本当に稀。

チーズの粉・・・・・0.0000002BTC(0.2円)

チーズのカケラ・・・0.000002BTC(2円)

チーズのかたまり・・0.00001BTC(10円)

残念・・・・・・・・0BTC(0円)

体感的にチーズの粉60%、チーズのカケラ10%、残念30%くらいの割合でしょうか。

 

タップするだけなのでストレスは全くないのですが、配信される記事を選ぶこともできませんし、さすがにもらえるビットコインが0.2円や2円では「お小遣いアプリ」とも呼べない「お遊びアプリ」だった、というのが実情です。

私がCheeeseに登録した6月から10月まで、ず~っとこの状態でした。

が、この10月にさまざまな機能が実装されました。

CHSの実装

10月初旬に新機能「CHS」実装のお知らせにより、もらえるチーズの粉を2倍にできる機能が搭載されました。

f:id:isative:20191021173406p:plain

f:id:isative:20191021173632p:plain

ホーム画面に『0CHS』『チャージ』と新しい表示とボタンが増えています。

f:id:isative:20191021174014p:plain

タップすると15秒程度の広告動画が流れ、1,000CHSがチャージされました。その他に特に変化はありません。この1,000CHSをどのように使うのか?

いつものように、配信された記事を読んでみます。

f:id:isative:20191021174127p:plain

なるほど。配信された記事を読んだ後に、チャージじた1000CHSを使用して配布されるBTCを2倍にすることができるようです。

f:id:isative:20191021174357p:plain

f:id:isative:20191025085940p:plain

チーズのカケラ、カタマリが当たった時は、2倍のBTCをもらうボタンは表示されませんでした。残念。

一定時間が経過すればまたCHSボタンを押せるようになるため、1000CHSをもらえるのは1日数回(上限については要検証)。

現時点では、0.0000002BTC(0.2円)を0.0000004BTC(0.4円)にするだけの機能ですが、この手のブースト機能は後々使用範囲が拡充される可能性があります。

0.2円⇒0.4円で使用せず貯めておいて、様子を見るのもアリですね。

 

メディアリスト(新毎日ミッション)の実装

同じく10月中旬。また運営よりお知らせです。

f:id:isative:20191021223912p:plain

今度は毎日ミッションの横に0のボタンが出現しました。タップしてみます。

f:id:isative:20191021174910p:plain

そうすると、今度は『メディアリスト』のページが開かれます。

f:id:isative:20191021175134p:plain

f:id:isative:20191021175245p:plain

10月21日時点で表示されるメディアの数は21。とりあえずこれら全てをフォローしてみます。フォローすると、そのメディアが配信する記事を読めるようになります。

f:id:isative:20191021175509p:plain

とりあえず適当に記事を読んでみました。

それぞれ0.0000002BTCもらえ、これらの記事もCHS(2倍)の対象になります。

メディアリストを読んでBTCをもらえるのは1日3記事まで。

「3タップで0.6円(CHS使用して1.2円もらえるだけやん!」と言ってしまえばそれまでなのですが、これまでは配信されてきた(別に読みたくも無い)記事をただタップするだけでしたが、これからは興味がある記事を選んで読むことができます。

価格予想や広告クリックで少量のビットコインがもらえるアプリは他にもありますし、従来から広告記事をクリックすれば少量のポイントをもらえるポイントサイトは多いですが、ダイレクトに仮想通貨もらえる系で、記事を読めば仮想通貨をもらえるアプリは、私が知る限りCheeeseのみです。他の仮想通貨系ポイントサイトとの差別化への意気込みを感じることが出来ます。

配信されるメディアの数は10月21日時点で21ですが、こちらも今後拡充していくことが期待できます。

Cheeese砲誕生か!?自分の記事がCheeeseで配信できるかも?

もっと面白いのがこちら!

f:id:isative:20191021224226p:plain

なに~!!

申請して承認されれば、自分の記事をcheeeseを介して配信することができるようです。これは面白い。

引用元:media.cheeese.life

承認される難易度は分かりませんが、拝読させて頂いているブログの中には、相当専門的な記事、特化した記事を量産していらっしゃる方も多いです。我こそはと自信のある方は挑戦してみてはいかがでしょうか!

Google砲、スマニュー砲に加えて、新たな『Cheeese砲』が誕生するかもしれません。

高報酬ミッションの実装

CHSやメディアリストの少し前に、高報酬ミッションの機能も実装されています。

こちらはアプリや広告利用でビットコインがもらえる、分かりやすい従来型の「ポイントサイト機能」です。

f:id:isative:20191021180259p:plain

f:id:isative:20191021180535p:plain

アプリダウンロードによる報酬ページです。

報酬の多寡はともかくとして、矢継ぎ早の機能充実は運営のやる気を感じさせます。

友達紹介 招待コード

公式HPです。こちらから登録できます。

引用元:cheeese.life

登録はID、パスワード、電話番号だけで、1分で済みます。

登録の後、招待コードの入力画面になります。Cheeeseの友達紹介制度は、ここで招待コードを入力すれば、登録者(あなた)、紹介者(私)それぞれに0.0001BTC(100円)が送られるというシンプルなものです。

私も招待コードを使用させて頂き、Cheeese生活をスタートしました。まだ未登録の方は、よろしければ招待コードをご利用頂ければ嬉しいです。

【招待コード『ddd853094dcd3a48』】

Tadacoin(タダコイン)、BitStock(ビットストック)との使い分けを

Cheeeseにも従来型のポイントサイトと同じように、広告利用でビットコインがもらえる機能が搭載されましたが、先行している同じく「価格予想や広告クリックで仮想通貨がもらえる系ポイントサイト」のBitStockやTadacoinと比較して、還元率ではどうでしょうか。

クレジットカード案件がわかりやすいので、比較してみます。

★Cheeese(チーズ)

f:id:isative:20191021200503p:plain

楽天カード・・・・・720円相当のBTC

ファミマTカード・・1,152円相当のBTC

 

★BitStock(ビットストック)

f:id:isative:20191021200631p:plain

ファミマTカード・・・3,150円相当のビットコイン

 

★Tadacoin(タダコイン)

f:id:isative:20191021200834p:plain

楽天カード・・・1,050円相当のBTC

 

還元率は日々変わるため一概には言えませんし、Cheeeseが猛烈な勢いで機能を拡充している感がありますが、10月21日時点では、広告利用による還元率では先発してサービスを開始しているBitStock、Tadacoinに一日の長がありそうです。

 

ここでBitStockやTadacoinのご紹介も少し。

BitStockは価格予想、Tadacoinは広告クリックで少量のBTCがもらえるアプリであり、ポイントサイト機能も有しています。

私は出張時、時々TadacoinやBitStock経由でじゃらん予約をします。

f:id:isative:20191021201457p:plain

こちらはTadacoin経由でじゃらんを予約した時の画像です。

この時は還元率0.75%なので、8,000円の宿泊で60円相当のBTCをもらっています。大体いつも0.5%くらいの還元率でしょうか。

モッピーやハピタス等、従来からあるポイントサイト経由であれば3~4%のポイント還元を受けられますので、BitStockやTadacoinよりもお得なのですが「直接ビットコインをもらえる」のが好きで、もっとお得な方法があるのを分かっていながら、出張予約の際に時々仮想通貨系ポイントサイトを利用してしまいます。

BitStockやTadacoinも面白い「仮想通貨もらえる系アプリ」ですので、よろしければ下記記事もご参照下さい。

まとめ

配信された記事を読むだけしかすることがなかったCheeese。機能が一気に拡充されたこともあり、あらためてご紹介させて頂きました。

メディアリストには「J-CASTニュース」「テレビ東京スポーツ」「BBC NEWS」「女性自身」「デイリーニュース」「OKMusic」その他と、さまざまなジャンルがラインナップされています。今後さらに増えていくことでしょう。

そして「Cheeeseのユーザー向けに、記事を配信できる」という仕組みが面白い。

承認される難易度はさておき、他の仮想通貨系ポイントサイトと全く違った切り口の取り組みです。大きく独自路線を踏み出したCheeeseの今後に、大いに期待できます。

 

ご紹介させて頂いている「仮想通貨もらえる系アプリ」全てにおいて、高額広告の利用無しでは大きく稼ぐことは出来ません。それはどのポイントサイトでも同じです。

ひまつぶしや遊び感覚でポチポチするだけであれば、もらえる仮想通貨の額は年間数百円から数千円相当がMAXになると思います。高額案件を利用するなら、既存のメジャーなポイントサイトの方が還元率は良いですし。

ただ、直接仮想通貨をもらえるポイントサイトには何か惹かれるものがあります(これもメジャーなポイントサイトのポイント交換先を仮想通貨にしたり、ポイントを現金に交換したその額で仮想通貨を買えばいいじゃない!と言われてしまえば終わりなのですが…)。

Cheeeseもその他の仮想通貨もらえる系サイトも、もらえる額は少額ですが、減ることはありません。気になるニュースを読めばBTCをもらえるCheeese。資産が増える減るのストレスを感じず、気持ちを楽に仮想通貨とつながるにはおススメのアプリです。

 

おススメの記事はこちら

にほんブログ村 小遣いブログへ
にほんブログ村

サラリーマン・お小遣い稼ぎランキング