サラリーマン お小遣い稼ぎ実践

中年サラリーマンが、世の中に氾濫するお小遣い稼ぎを実行し、それに関する情報をご紹介するブログです。

コンビニATM手数料 サラリーマンの無駄削減の筆頭?心当たりのある方はチェック

コンビニATM手数料 サラリーマンはつい使ってしまう しかし塵も積もれば。

f:id:isative:20190714231000j:plain

収入を減らすよりも、支出を減らす方が簡単です。

減らす支出にも、削減が困難あるいは削減するべきでないものと、削減が容易であるものがあります。

今回は自戒も込めて、「サラリーマンが真っ先に削減すべき」コンビニATM手数料について記します。

便利なコンビニATM

昔はコンビニにATMという概念が無く、もちろん電子マネーなんて無いので、財布にある一定以上の金額を入れておくのが常識でした。

特に銀行が閉まるお盆・正月・GWなどは、銀行ATMで大金を一括で引き出しておくのが一般的でした。

近年はコンビニにATMが当たり前のように設置されているので、お金を引き出したい時はいつでも引き出せるようになりました。

手数料

便利なのですが、ご存じのとおり手数料が必要です。

私は新卒の時に給料振り込み口座としてつくらされ、以来多くの支払いが紐づいている三井住友銀行がメイン銀行です。

引用:venture-finance.jp

三井住友銀行の場合、

8:45~18:00が108円

それ以外や土日祝が216円です。

ローソンのみ月3回手数料無料です。

 

私の履歴

私は今でこそこんな節約ブログを書いていますが、去年くらいまでは無駄の塊でした。コンビニはATMは必要な時に必要なだけお金をおろせる、それは間違いないのですが、手数料の認識が薄すぎました。

確認したくなかったのですが、履歴が追える直近2年間のATM手数料を、6か月おきに調べてみました。

2017年7月~2017年12月

長すぎて私の腕前ではどうしても画像が荒くなります。

f:id:isative:20190714233415p:plain

7884円。うわあぁぁ・・・。

2018年1月~2018年6月

f:id:isative:20190714234035p:plain

5,724円。はあぁぁ・・・。

2018年7月~2018年12月

1年前。このころからようやく

「ATM手数料は無駄なんじゃ?」という意識が芽生えたようです。

f:id:isative:20190714234448p:plain

2052円。これなら許される範囲でしょうか?

2019年1月~2019年6月

f:id:isative:20190714235122p:plain

1,512円。このくらいなら一般的…?

 

まとめ

私のブログはプチお小遣い稼ぎをメインテーマとしており、それを実践するためにセコセコと日々実証を重ねている訳ですが、それを全て自己否定する無駄遣いっぷり。

前提として我が家はお小遣い制ではありません。

サラリーから決められた一定額(大半)を奥様に上納し管理、残りのお金の管理は私が行う2元管理制です。

言い訳をすると、四国には三井住友銀行の法人営業部が2つしかなく、銀行ATM利用は現実的では無いため、どうしてもコンビニATMでお金を下すことになります。

この1年で改心し、お金を下す時は月3回まで無料のローソンを極力使用するようになったので、2年間で17,172円ですが、2年前は年間13,608円ATM手数料だけでかかっています。

10年間この意識だったので、10年間で136,080円。ちょっと豪華な国内家族旅行ができる金額を、ATMに吸われています。

普段コンビニATMを利用なさらない主婦の方、そもそも意識高くコンビニATMなど使用されない、という方はピンと来ない記事かもしれませんが、完全お小遣い制でないサラリーマンは結構コンビニATMを利用します。

言われてみれば1か月で3~4回は使うなあ、と思い当たる方は、年間で5,000円程度無駄になっている計算になります。改善をおススメします。

イコールその無駄を省けば収益ということになります。お前に言われたくない!という内容ですが、コンビニATM利用を極力減らすことが、真っ先に削減するべき支出です。

にほんブログ村 小遣いブログへ
にほんブログ村

サラリーマン・お小遣い稼ぎランキング