サラリーマン お小遣い稼ぎ実践

中年サラリーマンが、世の中に氾濫するお小遣い稼ぎを実行し、それに関する情報をご紹介するブログです。

「毒と毒を混ぜて劇薬に」丸山稲高議員発言 劇薬は決して良薬ではなく、かつ毒薬と毒薬を混ぜても劇薬にも良薬にもならない件

丸山稲高議員の「毒と毒を混ぜて劇薬に」の発言に素早く違和感を感じてしまった件

f:id:isative:20190729232900p:plain

北方領土問題発言の丸山稲高議員が、N国入党を表明しました。

その第一報を見た時、明らかな違和感を感じました。

今回はそれを記事に記します。

丸山稲高議員の発言

「代表は毒を持って毒を制すとTwitterで書かれましたが、毒って私か、と。まあ毒なんですが、混ぜて劇薬にしてですね。薬にしていくことで、変えられないところに突っ込んでいきたい」

 

私は現在は仕事で使用していませんが、MR(医薬情報担当者)の資格を持っています。MR認定試験の際、毒薬・劇薬、毒物・劇物の関係や表示方法は、しつこいくらい問題で出てきます。

この発言を見聞きされた医師、薬剤師、看護師、医療従事者の方で、即座に違和感を持たれた方は非常に多いと思います。

毒薬と劇薬の関係

毒薬と劇薬の定義です。

いずれも厚生労働大臣が指定し、薬事法により規定されています。

両方ともに非常に危険な薬品であり、用法や保管等々が細かく規定されています。

引用元:kotobank.jp

こちらのリンクも非常に分かりやすいので引用させて頂きます。

引用元:http://www.doyaku.or.jp/guidance/data/H21-4.pdf

f:id:isative:20190729235428p:plain

f:id:isative:20190729235555p:plain

丸山氏の発言

「代表は毒を持って毒を制すとTwitterで書かれましたが、毒って私か、と。まあ毒なんですが、混ぜて劇薬にしてですね。薬にしていくことで、変えられないところに突っ込んでいきたい」

とありますが、ツッコミたいのは以下2点。

 

劇薬は毒薬よりも毒性が低いだけで、一部の方を除いて有益では無い、非常に危険な薬品です。

 

毒薬と毒薬を混ぜても、劇薬になりません。

 

まとめ

医療関係従事者の方で、この発言を聞いて瞬時に違和感を感じた方は多いと思います。

薬事法上、毒薬と劇薬は明確に区別され、毒薬と毒薬を混ぜても劇薬になりません。そして毒薬は万人に対して害を持ち、劇薬も副作用が強く極めて危険性の高い薬物です。

私も、泥酔した上での北方領土発言や、なぜこの人物に血税が、という考えを持っています。楽しくお酒が飲める人は好きでも、悪酔いする人は好きでは無い。

しかしこの記事を見て、それ以上に強く感じたのが

おいおい節操ないなぁなんでもありかい、ということと

言葉は正しく使いたい、ということと

劇薬は良薬ではないよ、どうせまた悪い薬になるんちゃうん、ということです。

 

「代表は毒を持って毒を制すとTwitterで書かれましたが、毒って私か、と。まあ毒なんですが、混ぜて劇薬にしてですね。薬にしていくことで、変えられないところに突っ込んでいきたい」

薬事法の観点からも含めて、むしろ暗雲たれ込こむこれからの先行きを、的確に表現した発言でした。

 

にほんブログ村 小遣いブログへ
にほんブログ村

サラリーマン・お小遣い稼ぎランキング