サラリーマン お小遣い稼ぎ実践

中年サラリーマンが世の中に氾濫するお小遣い稼ぎを実行し情報をご紹介するブログです。

IPO Chatwork(チャットワーク 4448)当落結果 当選・補欠当選を喜ぶべきか?

IPO Chatwork(4448)抽選結果のご報告 大和当選、マネックス補欠当選 危険か?

f:id:isative:20190811043939j:plain

東証マザーズ上場の大型案件。

公募価格は1,600円。当選枚数97,750枚。

当選枚数も多く規模が大きいため当たりやすく、当選しても大幅な初値上昇は見込めません。利益が出ても1~2万円まででしょう。

公募割れの覚悟が必要な『Dランク』IPOです。

 

企業説明

Chatwork(4448)はビジネスチャットツール『Chatwork』を開発・販売する会社です。

ChatworkはHPに「仕事のコミュニケーションを円滑化するツール」と謳われている通り、クラウド型ビジネスチャットツールです。グループチャットやタスク管理、ファイル共有機能、ビデオ通話機能を有しています。

SlackやLINE、フェイスブックやグーグルといった大企業がビジネスチャット製品を展開する競合ひしめく業界で、「使いやすく、分かりやすいユーザーインターフェイス」を強みとし、KDDIサイバーエージェント、マネーフォワード、大和証券等、大企業含め20万社以上がChatworkを導入しています。

設立2004年、従業員数99名。

日本発のベンチャー企業であり、応援したい企業です。

先行投資で赤字が続いていますが売り上げは右肩上がりで、2019年12月期には黒字転換しそうです。外資ガリバーと戦う日本企業という意味でも今後の業績の意味でも、どちらかというと安く買えれば長期保有したい銘柄ではあります。

5証券12口座より申込み

秋のIPOラッシュで資金移動が苦しいく、DランクIPOということもあり全力申し込みは控え、5証券12口座より申込みしました。

大和証券(主幹事)

f:id:isative:20190913060320p:plain

自分口座より申込み

ぐっ…。

当選(チャンス当選)です。

主幹事で完全抽選の当選本数12,877本、Dランクということで、「当選するかな?するだろな~」と思っていましたが、やはり当選しました。

しかし通常抽選では落選し、3回のチャンス回数で見事チャンス当選したことになります。果たして当選乱発なのか、平幹事では落選当たり前なのか、平幹事の結果を見ていきます。

マネックス証券

f:id:isative:20190912202135p:plain

妻口座のみ申込み。

ぬおっ…‼

補欠当選です。

完全抽選本数850枚と、主幹事に次いで当選確率が高いとされるマネックス証券。1口座1申込制でお金持ちと庶民が完全平等であり、庶民にやさしいとされるマネックス証券

しかし補欠当選とはいえ、落選以外は初めてです。

当選・補欠当選を乱発し、予想通り公募割れしたステムリムがよぎります。

このときは、主幹事のSMBC日興証券当選、SBI証券3補欠当選でした。

この後の結果で、補欠乱発であれば辞退が賢明なのでしょうけども…。

SMBC日興証券

f:id:isative:20190912202916p:plain

自分・妻口座より申込み、補欠という名の落選。

あれ?順当に当たらんな…。

いやいや、SMBCの完全抽選本数は340本ですし、これだけでは指針になりません。

SBI証券

f:id:isative:20190912203124p:plain

自分・妻・長男・長女4口座より申込み、落選。

あれ…?補欠当選しない。

順当に落選し、4口座分のIPOチャレンジポイントゲットです。

ステムリムのときは、4口座中3口座が補欠当選でした。SBI証券は、ヤバいときは補欠当選を乱発する傾向があると思っています。ソフトバンクの時は、大量の当選&補欠当選でしたし…。

しかし今回は4口座全て落選。

抽選本数382枚に、いつものようにIPOチャレンジポイント狙いの申し込みが群がったであろう結果とはいえ、この「SBI証券4口座落選」は一考する必要があると考えます。

松井証券

f:id:isative:20190912203613p:plain

自分・妻・長男・長女4口座より申込み、落選。

資金0円で申込でき、当選した時だけお金を振り込めば良い、庶民にやさしい松井証券。がゆえに、申し込みが多かったことでしょう。

しかし4口座かすりもしない、というのは「それほど不人気ではない」というのを示唆するのでしょうか?

 

所見

5証券12口座より申込み、主幹事の大和証券当選、マネックス証券補欠当選という結果となりました。

やっぱりDランクIPOなら、そこそこの確率で当選、補欠当選することができます。

う~ん…。基本的には当選し過ぎなのですが、補欠当選乱発、というほどでも無く、判断が難しい結果です。ステムリムやソフトバンクの時ほどでは無い。

しかし完全に結果論なのですが、同じくDランクIPO補欠当選で、びびって辞退したSansan、STOP高したんですよね…。

シンジケートカバー取引(誠意買い)が1,480円に決まりましたので、公募割れでも1,480円で寄付けば、最大リスクはマイナス12,000円です。

繰上げ当選し、儲かったとしても5,000円~20,000円程度でしょう。

 

IPOはいわばお祭りなので、せっかく当選(補欠当選)したならば、お祭りに参加したい!という誘惑は強烈です。

 

辞退して高騰した時の後悔と、申込んで初値を割るリスク、これをもう少し情報収集して天秤にかけて、申込むか辞退するかを決めようと思います。

とりあえず、当選された方(と自分が申し込みを決めれば、自分に対して)の爆益を祈念致します!!

 

おススメ記事はこちら

 にほんブログ村 小遣いブログへ
にほんブログ村

サラリーマン・お小遣い稼ぎランキング